UCAL NameCard 

ホーム

Facebook
 

 

会社概要
ソフトウェア開発
開発指針
パソコン指導
パッケージ販売
友好企業リンク

ユーシーエーエルってどんな会社?

UCALは1988年からパソコンのシステムを開発してきたパソコンシステムのエキスパートです。その当時は現在のようにパソコンは普及していず、MS−DOSというOSで(現在はMS−WINDOWS)ハードウェアはNEC製PC98シリーズが主流でした。そのころのソフトハウスのほとんどが、オフコンと呼ばれる大型機のソフトウェア製作をしており、パソコンは一部のマニアのおもちゃとしか捉えられていませんでした。
そのころから、UCALはいずれパソコンソフトがビジネスソフトの主流になると考え、パソコンOnlyで開発を続けてまいりました。その25年間でつちかったパソコンの技術を駆使して、お客様にとって、コストが低く、短納期で、最も使いやすいシステムを提供いたします。ここで、ソフトウェアとシステムの違いを考えて見ましょう。ソフトウェアとは
電子計算機に対して用意されるプログラムの全体系。(Microsoft/Shogakukan BookshelfBasicより) システムとは
ある目的のための秩序だった方法、体系、組織。(Microsoft/Shogakukan BookshelfBasicより) とあります。
たとえば、どんなにすばらしいソフトをご提供しても、そのソフトウェアの使用方法がわからなかったら宝の持ち腐れです。
UCALは最適のソフトを作成するだけでなく、それを使用する環境もコンサルしていきます。システム全体を考慮して、最適ソフトを作成し、最適な環境をコンサルして、最終的に最も使いやすいシステムを提供させていただく会社です。



UCAL is the expert of a personal computer system who has developed the system of a personal computer from 1988.
The personal computer had not spread like present then and the NECPC98 series of hardware (it is MS-WINDOWS now) was in use at OS of MS-DOS.
Most software houses at the time are doing software manufacture of the large-sized machine called office computer, and the personal computer was caught only with some maniacs' toy.
From the time, UCAL thought that PC software became the mainstream of business software someday, and has continued development with the personal computer Only.
Making full use of the technology of the personal computer cultivated in the 25 years, cost is low for a visitor and I offer the system which is the easiest to use at short time for delivery.
UCAL not only creates the optimal software, but Consult environment which uses it.
It is the company which is allowed to offer the system which the optimal software is created, and optimal environment is Consulted in consideration of the whole system, and is finally the easiest to use.
 

 

  今までの良いところを踏襲しつつ、まったく新しく作りなおしました。

 大きく変わったところは『開発指針』です。ぜひご覧ください

 


会社の目的

当社はFAを中心にOA,LA,SA,PA関係のソフトウェアを数多く開発して参りました。PLC(シーケンサ)ソフトの開発や制御盤設計なども経験しておりますので産業機械ととのインターフェース面も万全です.当社にお任せいただければ、貴社の業務にピッタリと合う、総合システムインテグレーション・優れたソフトウェアを提供させていただけると自負しております.
 


ユーシーエーエルが提供するシステムとは

1.最適のハードウェア選択

ハードウェア選択には、いろいろなFACTORがあります。

ちょっと思いつくだけでも、メーカー、機種がありますが、もっと詳細に考えてみると、それぞれの部品(ハードディスク、メモリ、CPUチップ)も、選択肢にはいります。一見「どこのメーカーでもあまり変わらない」と思いますが、そうでもありません。CPUに対応するメモリの種類が違うとき、メモリ種類によっては単価が異なったり、(単価が異なる=搭載メモリ量が予算の制約によって変わる)同じメーカーの同じ機種でもヨーロッパ産とアジア産で問題の発生率が違うなどのことが起こります。

また、現在ハードウェアの価格は以前と比較して大幅に低下しています。あるソフトを開発する、それと同等の機能を果たすハードウェアを追加購入する。という二つの選択肢があった場合、迷わず「ハードウェアを追加購入する。」をお勧めします。ソフトウェアを作成する人件費(デバッグ費用を含む)を考えると、少々高いハードウェアを購入してソフトウェアの開発が省力化されるなら、結果的にそれのほうが安くなるからです。

  UCALではそのような総合的な判断の元でハードウェア選択を行っております。

2.最適のソフトウェア選択

ソフトウェア選択にも、いろいろなFACTORがあります。

OS,言語、部品(ActiveX等)です。この場合、「今」が非常に影響します。

OSは、最新を使用すると、OS自体のバグがまだ残っているなど問題が多い場合があります。また、かなり古いOSではOSメーカーがサポートを打ち切っているときがあり、それを使用すると問題が発生したときの対処法がありません。そのときにより選択肢は変わりますが、Service Pack2つくらい発表されたOSBestと考えます。またそれは言語や部品にも適用します。

3.正規化された開発コード

あるソフトを開発したとします。

そのソフトの開発者でも、開発後1年経つと開発時の記憶が薄れます。

それはまるでまったくの他人がそのソフトを見るようなものです。

UCALでは厳密な開発標準を設けて、コードを開発しています。

その結果、他人が見ても3年後の開発者が見てもそのソフトを理解できるようなソースコードによりソフトを開発しています。

機能を満たしているならソースコードの書き方など関係ないと思われるかもしれません。

しかし、使用する側では、まったく同じでも、仕様変更時の見積もりに差が出ます。UCALではソースコードがわかりやすく書いてあるので、仕様変更も安価でできるソフトを作成しています。

4.最先端の技術の採用

UCALでは、OS、開発言語の動向も注目しています。言語のコマンドでも将来はなくなるコマンドもあります。OSAPIもそうです。常に最新情報を得て、将来にわたってご使用され、メンテナンスできるようなソフトウェアを開発しています。

5.上記のことを実現すると必然的に短納期、省コストになってしまいます。

システム(ソフトウェア)は納品して終わりではありません。使用していると「ここをこう変えたい」、「この部分は違うソフトとデータ連携したい」と考えてしまいます。
このときに、いかに簡単で、問題なく、安価で変更できるか が問題になります。
UCALは上記のような点を考慮して、システム構築をしておりますので、総合的に省コストになります。

 


連絡先情報

電話番号
059-386-1140
FAX 番号
059-386-1140
郵便番号
三重県鈴鹿市野町南1-17-5
電子メール アドレス
一般情報 : leh00101@nifty.ne.jp
販売元 :
カスタマ サポート :
Webmaster:
satoshiueda@mba.nifty.com
 

大きな地図で見る

 

[ ホーム ] 会社概要 ] ソフトウェア開発 ] 開発指針 ] パソコン指導 ] パッケージ販売 ] 友好企業リンク ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、satoshiueda@mba.nifty.comまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2013 ユーシーエーエル株式会社
最終更新日 : 2013/06/04